セカンドオピニオン外来

  • セカンドオピニオン外来について
  • セカンドオピニオンと診療外来の違い
  • セカンドオピニオン外来の対象となる方
  • 相談内容
  • ご用意いただくもの
  • セカンドオピニオンにかかる料金(概算)
  • セカンドオピニオン外来予定表

セカンドオピニオン外来について

セカンドオピニオンとは、現在あなたがおかかりの病気の診断や治療方針などについて、主治医以外の他の医療機関の医師の意見を聞くことです。セカンドオピニオンを受診することで、ご自身の病気、現在受けている診断や治療方法の理解を深め、今後の治療に役立てていただくことを目的としています。

当院では、他院で診療を受けているがんの患者さんに対して、セカンドオピニオン外来を行っています。対象は胃・大腸・肺・乳腺・肝臓のいわゆる5大がんを始めとして様々な種類のがんです。当院のセカンドオピニオン外来は完全予約制で、30分ほどの時間でそれぞれのがんの専門医が知りたいことに対してお答えします。希望される方は、まず、予約センターで予約をお取りください

予約センター専用電話番号042-323-9200
予約受付時間月~土曜日9時~17時

(注)その場で判断できない時は再度ご来院いただく場合があります。

セカンドオピニオンと診療外来の違い

セカンドオピニオンは他の専門医の意見を聞くことであって、診察ではありません。セカンドオピニオンでは検査や治療は行いません。治療中の医療機関で行った検査結果や主治医からの紹介状を元に、意見を述べます。当院への転院や外来診療にはつながりません。当院での検査や治療を望まれる方はセカンドオピニオン外来ではなく、通常の診療外来の予約をお取りください。

セカンドオピニオン外来の対象となる方

患者様ご本人及びそのご家族です。
ただし、ご家族だけで受ける場合は、ご本人の同意を得た上で、同意書をご用意していただきます。

相談内容

診断・治療に関することをご相談ください。
お聞きになりたいことを箇条書きにしておくとスムーズにお答えできると思います。
ただし、以下の事項は相談対象外ですので、ご了承ください。

  • 現在受診中の病院(主治医)に対する苦情、訴訟等を目的とした相談
  • 治療(手術)の良し悪しについての判断を目的とする場合
  • 死亡した方を対象とする場合
  • 主治医が了承していない場合
  • 相談内容が当院で取り扱う疾患に該当しない場合
  • 当院での治療を希望されている場合(通常の外来診療となります)
  • 医療費の内容、医療給付にかかわる相談

ご用意いただくもの

  1. 診療情報提供書 (セカンドオピニオン用)
    現在、受診中の医療機関での治療や検査等について、主治医に作成してもらってください。
  2. 画像診断のフィルム
    CTやMRI、レントゲンなどのフィルムを借りてきてください。
  3. 検査の結果
    診療情報提供書以外にご用意いただけるようであれば、出来るだけご持参ください。

セカンドオピニオンにかかる料金(概算)

患者さんご本人、ご家族にかかわらず全額自己負担となります(1万円~1万5千円程度)。

セカンドオピニオン外来予定表

  • 学会等の出席のため実施できないことがあります。
  • 下表の診療科以外については、受付を行っていません。
診療科対象疾患曜日
外科胃がん火曜 午後
大腸がん水曜 午後、金曜 午前
肝がん・胆嚢がん・すい臓がん火曜 午後
乳がん月曜 午後
呼吸器内科肺がん水曜 午後
呼吸器外科肺がん(手術に関連したこと)火曜 午後
血液内科白血病、悪性リンパ種、造血幹細胞移植適応水曜 午後
歯科口腔外科口腔がん月曜 午後
耳鼻咽喉科・頭頸部外科頭頸部がん火曜 午前
泌尿器科腎がん、膀胱がん、前立腺がん、その他の男性生殖器がん金曜 午後
産婦人科婦人科悪性腫瘍火曜 午後
眼科眼科悪性腫瘍水曜 午後
診療放射線科がん一般火曜 午後