都立広尾病院における新型コロナウイルス感染症への対応について

◆当院の新型コロナウイルス感染症対応に伴う診療体制について(令和4年5月27日)

 当院では、重点医療機関として引き続き新型コロナウイルス感染症患者の受け入れを最優先に入院を受け入れる体制としているところです。
 これまでERをはじめ一般医療の一部制限を行っておりましたが、東京都のリバウンド警戒期間の終了(令和4年5月22日終了)に併せて、都全体の新型コロナウイルス感染症用の確保病床数の見直しが行われたことに伴い、当院においても、見直された病床数を一般医療に振り向けることにしました。
 ER(救急外来)は一部制限を行っておりますが、一般医療の入院患者の受け入れは行ってまいります。また、予約による外来診療はこれまでどおり実施しています。その他、広尾病院での受診を希望される患者さんの診察については、お手数ですが、電話予約センターにご相談ください。
 なお、「発熱等の新型コロナウイルス感染症を疑う症状が生じた方」の診察は行っておりませんので、ご了承ください。
 当院は、一般の患者さんと新型コロナウイルス感染症の患者さんの動線を完全に分離しておりますので、安心してご来院いただけます。
 皆様には、ご理解とご協力を頂きますよう、お願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症にかかる診療体制・注意事項等について
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について
【重要・必読】面会制限のお願い(令和3年12月17日更新)