病院情報の公表(DPCデータに基づく臨床指標)

病院情報の公表(DPCデータに基づく臨床指標)

はじめに 

当院のDPCデータに基づく臨床指標を公開します。その目的は、患者さんや地域住民の皆さんに当院の急性期医療の現状と特徴について、より理解を深めていただくことにあります。当院はこうして得られたデータをもとにさらなる医療の質の向上に努めてまいります。

集計方法と定義

○令和3年4月1日~令和4年3月31日までに退院した患者さんが対象です。
○医療保険を使用された患者さんのみを対象とし、労災、公災、自動車賠償責任保険や自費の患者さんは含みません。
○入院後、24時間以内に死亡した患者さんは対象外です。
○患者数が10未満の場合は ‐(ハイフン)で掲載しております。
○今回公開するデータは厚生労働省が指定する条件に基づいて集計し、作成しています。

令和3年度 多摩南部地域病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数


ファイルをダウンロード(TSV 1KB未満)

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数1346714716436562092218911313304
令和3年度中(令和3年4月~令和4年3月)に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
0歳から90歳以上まで、幅広い年齢層の患者さんが退院しています。最も多い年齢層は70歳代で全体の約31.9%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症3716.3513.145.4182.08
040110xxxxx0xx間質性肺炎3413.9718.422.9473.71
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎3222.2220.5734.3887.34
060100xx01xxxx小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術252.282.650.0069.12
070560xx99x00x重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 1814.0014.755.5670.17
  当科は救急医療、がん治療をはじめとして、HOT(在宅酸素療法)/NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)などの在宅医療の分野においても地域医療機関の先 生方の協力のもと、緊密な病診、病病連携を進めております。
 消化器系疾患では外科と協同で、X線造影検査、内視鏡検査、内視鏡下ポリペクトミーなどを行っております。
 肺の悪性腫瘍症例については、手術適応のないⅢ~Ⅳ期の患者さんに対して化学療法+放射線治療法を基本としています。

(注)DPCコードの関係で上記には入っていませんが、令和3年度は新型コロナウイルス感染症の患者さん(疑い含む)が1,440名入院されております。

循環器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx9900xx心不全9314.3717.358.6081.46
050050xx9910xx狭心症、慢性虚血性心疾患(心カテあり)853.063.060.0069.09
050050xx0200xx狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等(心カテ又は血管内超音波検査あり)693.904.360.0069.14
050210xx97000x徐脈性不整脈(心カテ又は心臓電気生理学検査あり)517.6710.240.0079.33
050030xx97000x急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり(心カテあり)329.2511.873.1370.34
  当科は、心不全、狭心症、慢性虚血性心疾患、徐脈性不整脈、急性心筋梗塞の患者さんが多く入院しています。入院では心臓カテーテル検査、冠動脈インターベンション、高周波心筋焼灼術、ペースメーカー移植術等の手術・検査を積極的に行っています。急性心筋梗塞、不安定狭心症は24時間体制で緊急治療を行っており、良好な治療成績を収めております。
 また、急性心血管疾患に対し、迅速な救急搬送と専門施設への患者収容を目的に組織された東京都CCUネットワークにも加盟しております。

外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xxxx小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術5742.122.650.0071.57
060100xx99xxxx小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)781.542.980.0070.83
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等714.314.740.0072.03
060035xx99x6xx結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍(ベバシズマブ又アフリベルセプト ベータ)483.734.540.0070.31
06007xxx9906xx膵臓、脾臓の腫瘍 手術・処置等26あり464.005.440.0064.57
 当科は、小腸・大腸の良性腫瘍、鼠径ヘルニアをはじめ、結腸の悪性腫瘍、膵臓、脾臓の腫瘍、の患者さんも多く入院されています。検査はX線造影検査、内視鏡検査、超音波内視鏡検査、マンモグラフィー検査等を行っています。手術は悪性疾患、鼠径ヘルニアの手術が多く、腹腔鏡下手術も積極的に行っており、胆石症についてはほとんどが腹腔鏡下手術となっています。また、悪性疾患医療においては外科的治療だけでなく放射線療法や最新の化学療法を駆使して総合的に治療を行います。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等6518.4523.027.6975.35
07040xxx01xxxx股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等4118.8020.637.3271.68
160760xx97xx0x前腕の骨折 手術あり393.414.990.0054.38
160620xx01xxxx肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等367.8613.520.0025.17
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等3621.4725.3261.1184.61
 当科は、膝関節床、股関節骨頭壊死、前腕の骨折、脛・膝の外傷、股関節大腿骨近位骨折の患者さんが多く入院しています。急性期の外傷から慢性的な変性疾患、また骨軟部腫瘍性疾患まで、幅広く運動器における傷害、病態を診療しています。過去の治療成績に基づき、患者さんにとって最も効果的な治療法を選択することを第一とし、早期社会復帰を目指しています。手術は人工関節手術や大腿骨近位部骨折、関節鏡視下手術等を積極的に行っており、術後のリハビリテーションも行っています。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx03x0xx膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術844.777.020.0074.82
11012xxx020x0x上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術544.395.560.0061.83
110080xx9902xx前立腺の悪性腫瘍(放射線療法)332.2424.150.0072.24
110070xx99x20x膀胱腫瘍(化学療法あり)176.129.650.0070.82
110080xx01xxxx前立腺の悪性腫瘍(前立腺悪性腫瘍手術等)1413.9311.630.0071.07
 上記のようにDPCコードより分類すると、膀胱腫瘍、上部尿路疾患、前立腺の悪性腫瘍(放射線療法)、膀胱腫瘍(化学療法あり)、前立腺の悪性腫瘍(前立腺悪性腫瘍手術等)の順の入院患者数となります。悪性腫瘍手術の他、レーザー装置による前立腺肥大症や結石破砕の手術も積極的に行っております。また、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)も導入し、現在は全ての尿路結石への低侵襲な治療が可能となりました。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120090xx97xxxx生殖器脱出症 手術あり4410.028.310.0074.34
120060xx01xxxx子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等308.609.460.0052.30
120070xx02xxxx卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等185.946.110.0056.33
120010xx01x0xx卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等1512.0012.380.0069.87
12002xxx02x0xx子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等132.003.050.0038.54
 当科は、子宮の良性・悪性腫瘍、卵巣・卵管の良性・悪性腫瘍と炎症性疾患、骨盤臓器脱の患者さんなど、不妊症以外の婦人科疾患全般の患者さんの手術と治療を行っております。悪性腫瘍に対しては手術療法だけでなく、化学療法や放射線治療も積極的に行っています。

眼科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼4921.902.710.0077.44
020110xx97xxx1白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼
020200xx9710xx黄斑、後極変性 手術あり(水晶体再建術)
020320xx97xxxx眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり
020370xx99xxxx視神経の疾患 
 当科は、白内障の手術目的の患者さんがほとんどを占めておりますが、角膜潰瘍、ぶどう膜炎や網膜硝子体疾患等の患者さんも入院しています。令和3年度は939件の白内障手術を実施しました。手術は1泊もしくは2泊の入院が原則ですが、患者さんの要望に応じて日帰り手術も行っております。

耳鼻咽喉科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030250xx991xxx睡眠時無呼吸(終夜睡眠ポリグラフィーあり)302.002.030.0063.40
030230xxxxxxxx扁桃、アデノイドの慢性疾患
030428xxxxxxxx突発性難聴
030400xx99xxxx前庭機能障害 
030390xx99xxxx顔面神経障害
 当科は、睡眠時無呼吸症候群、扁桃・アデノイドの慢性疾患、扁桃周囲脳腫、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎、慢性副鼻腔炎の患者さんが多く入院しています。睡眠時無呼吸症候群の患者さんは検査目的の入院ですが、その他はほとんどが手術目的の入院です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準((注))
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌4861421193916,7,8
大腸癌163859434711616,7,8
乳癌0211311118
肺癌2075519318
肝癌342172118
(注) 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院は主にかかりつけ医からの紹介を受け、がんの検査・治療を行っています。消化器がんに対する開腹手術や腹腔鏡手術、内視鏡による切除(ESD)を行い、乳がんに対しては、外科的手術や乳房温存療法を行っています。さらには、化学療法・放射線治療を駆使して総合的に治療を行います。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症420.2554.25
中等症2211.5978.73
重症1617.6983.56
超重症619.8387.17
不明00.000.00
 当院は二次救急医療機関であるため、中等症の患者さんが約5割を占めており、一番多く入院しています。一方、ほかの医療機関での対応が難しい重症~超重症の患者さんも受け入れています。中等症以上の患者さんは平均年齢が80歳以上で、基礎疾患や合併症があるため、軽症の患者さんと比べると、入院日数が長くなっています。また、症状が回復しても、転院や施設への入所が必要となるケースもあります。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内2723.8176.3327.03
その他1021.1078.400.00
当院は脳血管障害関連の入院患者中、脳梗塞の率が最も多く、そのうち、発症3日以内が73%、それ以降が27%です。平均年齢は76歳以上で、比較的高齢の患者さんが中心となります。
 脳梗塞の平均在院は約25日で、この間、急性期薬剤治療とそれに並行して急性期リハビリを実施しています。
 当院での急性期医療が終了し、引き続き回復期リハビリが必要な患者さんは、連携する回復期リハビリ専門病院へ転院されています。(当院からのリハビリ目的の転院率は約15%)
 在宅医療が必要な患者さんは、院内専門部署(患者・地域サポートセンター等)で入院早期から連携支援を行い、極力間隔をあけずに地域完結の効率よい脳梗塞治療体制を提供しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)290.692.030.0069.79
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K654内視鏡的消化管止血術
K688内視鏡的胆道ステント留置術
K7212内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
当科の手術は内視鏡下の手術が主であり、大腸、胃ポリープ切除術、粘膜切除術を行っております。

循環器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)571.532.540.0070.09
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)282.6110.827.1478.89
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの)220.144.450.0071.86
K597-2ペースメーカー交換術191.051.370.0081.89
K5461経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞に対するもの)160.009.560.0066.56
 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞、不安定狭心症等)、経皮的冠動脈形成術、経皮的カテーテル心筋焼灼術、ペースメーカー交換術、ペースメーカー移植術を主に実施しています。急性心筋梗塞や不安定狭心症は24時間体制で緊急治療を行っております。

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)5160.051.010.0071.83
K7212内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)690.121.430.0069.99
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術660.865.361.5264.36
K634腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術(両側)631.002.190.0071.48
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術401.9810.000.0073.43
 手術室での手術は、悪性疾患では大腸癌、胃癌、乳癌、膵癌、食道癌、肝癌、胆道癌、良性疾患では胆石症、鼠径ヘルニア等の手術を行っており、開腹手術の他、低侵襲の腹腔鏡下手術も導入し、積極的に行っております。適応例には、乳房温存療法を行なっています。
更に、胆管癌には手術からステント挿入等を使用した治療まで幅広く行っています。

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0821人工関節置換術(肩,股,膝)1051.2716.276.6773.87
K0462骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)411.712.594.8853.46
K0461骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)342.9710.1235.2981.00
K079-21関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靭帯261.007.230.0020.92
K0483骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿)251.123.000.0055.76
 人工関節置換術、人工骨頭置換術、観血的整復固定術、関節鏡視下手術等を積極的に行っております。高齢者の大腿骨近位部骨折については、リスクを十分に説明した上で手術を積極的に行い、早期に充実したリハビリを行うことによって、受傷前の状態に戻ることを目指しています。

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術100.2010.1010.0080.20
K1742水頭症手術 シャント手術
K800-2経尿道的電気凝固術
令和3年度の手術件数は14件でした。

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)711.002.560.0075.20
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)541.002.520.0062.43
K773-2腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術141.007.430.0071.93
K843前立腺悪性腫瘍手術131.0012.460.0072.00
K783-2経尿道的尿管ステント留置術120.675.250.0068.83
 悪性腫瘍(膀胱癌、前立腺癌、腎癌、腎盂・尿管癌、精巣癌)、前立腺肥大症、尿路結石の手術等を行っております。また、腹腔鏡下手術を導入するとともに、腎癌に対する無阻血腎部分切除や放射線および化学療法治療併用の浸潤膀胱癌に対する膀胱部分切除という腎や膀胱の機能温存を目的とした低侵襲治療も積極的に行っております。更に、ホルミニウム・レーザーによる前立腺肥大症および尿路結石に対する手術を数多く行なっています。

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8654子宮脱手術 腟壁形成及び子宮全摘術(腟式、腹式)381.797.390.0074.05
K877子宮全摘術331.246.790.0053.7
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの2013.95053.85
K889子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)141.71100.0069
K867子宮頸部(腟部)切除術120.001.000.0038.25
当科は、良性・悪性腫瘍手術、円錐切除術など、婦人科疾患全般の手術、検査を行っております。良性腫瘍の手術では、開腹手術に加え、卵巣腫瘍や子宮筋腫の手術を腹腔鏡下でも行っております。また、最近需要が増加している骨盤臓器脱の手術も積極的に行っております。

眼科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) (その他のもの)4970.000.890.0077.46
K2801硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)
K2172眼瞼内反症手術 皮膚切開法
K224翼状片手術(弁の移植を要するもの)
K279硝子体切除術 
 当科は白内障手術目的の患者さんがほとんどを占め、令和3年度は750件の手術を実施しました。手術は1泊の入院が原則ですが、患者さんの要望に応じて日帰り手術も行っております。加齢性黄斑変性症の治療として、抗VEGE抗体(抗血管内皮増殖因子薬)の硝子体内注射を積極的に実施しております。

耳鼻咽喉科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772口蓋扁桃手術(摘出)101.006.000.0021.60
K287先天性耳瘻管摘出術
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
K347-3内視鏡下鼻中隔手術Ⅰ型(骨、軟骨手術)
 口蓋扁桃手術、アデノイド切除術、睡眠時無呼吸症候群に対する咽頭形成術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術、副鼻腔根本術、鼓膜チューブ留置術等を積極的に行っております。また、他科の嚥下機能評価や気管切開手術も当科で実施しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一00.00
異なる10.02
180010敗血症同一100.17
異なる30.05
180035その他の真菌感染症同一00.00
異なる00.00
180040手術・処置等の合併症同一100.17
異なる20.03

これらの指標は重症患者さんに起こりうる病態や合併症の出現頻度を表しています。
合併症は患者さんの年齢や、状態によって引き起こされる確率はさまざまであり、その値を0にするのは難しいですが、0に近づけるよう努めています。

更新履歴

2022/9/30
病院情報を公表しました。

令和2年度 病院情報の公表

令和元年度 病院情報の公表

平成30年度 病院情報の公表

平成29年度 病院情報の公表

平成28年度 病院情報の公表