チーム医療

チーム医療

院内では、複数の医療スタッフがチームを作り、各自の専門分野・スキルを活かして共同して患者さんの治療やケアにあたっています。
院内で活動しているチームをご紹介します。

緩和ケアチーム(Palliative Care Team:PCT)

緩和ケアチームの写真
緩和ケアチームの打合せの写真

患者さんとご家族の、がんまたはがん以外の病気によって生じる身体やこころの苦痛を緩和し、Quality of life(生活の質)が向上するように活動しています。緩和ケア科医師、神経科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、心理士、リハビリテーション、医療相談員など他職種からなる緩和ケアチームが、主治医や担当看護師などと協力して、患者さんとご家族を支援します。

病院感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)/
抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)

病院感染対策チーム、抗菌薬適正使用支援チームの写真
病院感染対策チーム、抗菌薬適正使用支援チームの作業中の写真

感染対策に関わるチームは、病院感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)と抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)が活動しています。
ICTは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、臨床放射線技師、管理栄養士、リハビリ職員、事務職員で構成。自部署の感染対策に関する課題の取組や手指衛生遵守調査、環境ラウンド、研修実施等をおこなっています。

ASTは、医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師で構成。抗菌薬適正使用プログラムに沿い、抗菌薬の種類や投与量の監査と介入に加え、「院内採用抗菌薬一覧と腎機能別投与方法ガイド」「抗菌薬治療ガイド」「COVID19診療ガイド」を作成し、抗菌薬をはじめとする感染症診療を迷うことなくおこなえるシステムづくりをしています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

詳細はこちらをご覧ください

医療安全管理部門

医療安全管理部門チームの写真
医療安全管理部門チーム作業中の写真

医療安全管理部門は、「患者さんが安心して、安全な医療を受けられる環境を整える」ことを目的に日々活動しています。

医師・看護師・薬剤師・診療放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士・管理栄養士・リハビリ職員・事務で構成するチームで協働し、安全な療養環境の整備、エラーの再発防止、職員教育、院内の安全パトロール等をおこなっています。また「わたしの声」及び「患者の声相談窓口」を設置し、患者さんやご家族からの相談に対応しています。