小児外科

東部地域病院では、関連施設である順天堂大学から小児外科主任教授をはじめとした医師の支援を受け、手術や外来等の診療を行っております。
東部地域病院における小児外科治療は、順天堂大学医学部附属順天堂医院 小児外科 山高主任教授が掲げる治療方針を踏まえ、診療を行っております。

順天堂大学医学部付属順天堂医院
小児外科 主任教授 山高篤行


この子が自分の子供なら、どのように診断し、いかなる手術を選択し、どのように術後管理を行うかを考えていく…それが私の治療方針です。

当院の小児外科は赤ちゃんから中学生までのお子さまの、手術しなければ治らない病気を治療しております。東部地域病院は地域の医療機関や大学病院等と連携し、地域を支える診療を行っております。

診療には紹介状が必要となっております。紹介状をお持ちください。

bt003
外来診療表は上記画像から

    主な対象疾患と診療内容

    小児鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、包茎、尿道下裂、膀胱尿管逆流現象、虫垂炎など様々な一般的な小児外科疾患・小児泌尿生殖器外科疾患の治療を行っています。

    小児外科手術例は下記リンクよりご覧いただけます。
    順天堂大学医学部付属順天堂医院 小児外科・小児泌尿生殖器外科(外部リンク)

    bt003
    外来診療表は上記画像から

    スタッフ紹介

    山高 篤行(やまたか あつゆき)

    職名非常勤医師
    専門分野小児外科全般
    小児泌尿生殖器外科
    小児鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)
    資格順天堂大学小児外科主任教授
    日本小児外科学会認定指導医・専門医
    日本外科学会認定指導医・専門医
    日本小児泌尿器科学会認定医
    国際小児内視鏡外科学会 前理事長
    太平洋小児外科学会 次期理事長、前論文審査委員長
    日本内視鏡外科学会技術認定取得医
    日本小児泌尿器科学会監事、前理事
    出演番組プロフェッショナル仕事の流儀2015年3月16日放送分恐れの先に、希望がある(外部リンク)

    安孫子 諒一(あびこ りょういち)

    職名任期付医員
    専門分野小児外科、小児泌尿生殖器外科