精密子宮がん検診 ~ヒトパピローマウイルスと細胞診のダブルチェック検診~

精密子宮がん検診 ~ヒトパピローマウイルスと細胞診のダブルチェック検診~

子宮頸がんは、治療から予防の時代になりました。検診と予防ワクチンにより、その根絶も夢ではなくなりつつあります。

子宮頸がんは、その95%以上がヒトパピローマウイルス感染によって引き起こされることがわかっています。従来の細胞診に加え、ヒトパピローマウイルスのなかでも、特にがんを引き起こしやすいタイプに感染しているかどうかを知ることにより、より正確に診断し、適切な受診間隔を知ることが出来ます。たとえば細胞診がクラスⅠ(正常)でヒトパピローマウイルスが陰性であれば、子宮がん検診は2~3年ごとで十分です。細胞診に異常がなくても、ウイルスが陽性であれば1年ごとの検査が必要となります。また細胞診に軽度の変化や異常が認められる場合も、ウイルス感染の有無が経過観察や今後の見通しの参考となります。
当科では子宮頸がんワクチンの接種も行っていますが、現在のワクチンは予防効果を狙っているもので、いったん感染したウイルスを排除する効果はありません。したがって、子宮頸がん予防のためにワクチンを希望される成人女性の方は、まず検診によって、現在の状態を把握することが望ましいと考えられます。
子宮がん検診は、心理的なハードルが高いため、一度も受けずに過ごされる方が珍しくありませんが、豊島病院では、そのような初めての患者さんにも気持ち良くお受け頂けるようプライバシーが保たれる、快適な診察室があり、ベテランの医師、看護師が親切に対応いたします。女医を希望される場合は、予約の際にその旨、お話しください。検査内容と金額は以下のとおりです。

<初診>
診察料(問診・内診)、細胞診検査(子宮頸管粘液)、HPV検査 合計 12,760円(税込)
<再検診>
診察料(問診・内診)、細胞診検査(子宮頸管粘液)、HPV検査 合計 10,560円(税込)
ワクチン接種(3回接種) 1回 16,500円(税込)