看護師による特定行為について(患者・ご家族の方へ)

都立病院における看護師による特定行為について

看護師による特定行為とは

特定行為とは、あらかじめ医師が定めた手順書により、特定行為研修を修了した看護師(以下「特定看護師」)が実施する行為です。
看護師が特定行為を実施するメリットは、常に患者さんの傍にいる看護師が状態を判断し、迅速に適切な特定行為を提供できることです。

説明資料

「看護師の特定行為研修制度 ポータルサイト」を基に作成しています。

特定行為に関する包括同意について

特定行為については、個別の行為ごとに同意を得ることなく入院の同意をもってご了承(包括同意)いただいております。特定行為への同意はいつでも拒否することができます。ご同意いただけない場合は、看護師へお申し出ください。また、拒否したことにより、治療および看護上の不利益を被ることはありません。

特定行為の実施

都立病院では特定看護師が、以下の特定行為を実施しています。

各都立病院で実施している特定行為(PDF 324.2KB)

特定行為研修における病院実習について

都立病院は、厚生労働省「特定行為に係る看護師の研修制度」の研修機関として指定を受けています。研修課程の看護師が、厚生労働省省令に基づき指導医師の助言や指導を受け安全に実習が行える体制を整えています。患者さんは、特定行為研修における実習を拒否することができます。拒否したことにより、治療および看護上の不利益を被ることはありません。

特定行為に関するお問い合わせ先

特定看護師及び特定行為研修における実習に関するご意見やご質問については、各都立病院の医事課「患者の声相談窓口」にお尋ねください。

【都立病院紹介】https://www.tmhp.jp/kikou/index/hospital/information/index.html

ご案内

特定看護師における制度や内容について詳しくお知りになりたい方は以下をご確認ください。

看護師による特定行為について(PDF 1.2MB)

特定行為に係る看護師の研修制度:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077077.html(外部リンク)

特定行為研修制度とは:日本看護協会 看護師の特定行為研修制度ポータルサイト
https://www.nurse.or.jp/nursing/education/tokuteikenshu/portal/about/(外部リンク)