沿革

明治30年3月伝染病予防法が制定される。
明治31年7月東京府世田谷村立隔離病舎設立(現在の世田谷区宮坂)
昭和9年4月現在地において診療開始
昭和18年7月都制施行に伴い、都立荏原病院と改称
昭和33年9月総合病院として発足
昭和51年4月高圧酸素治療開始
昭和54年3月高度安全病棟竣工(20床)
昭和62年8月ラッサ熱患者を高度安全病棟に収容
平成2年6月改築のため休止(普通病床470床、精神30床、伝染69床)
平成6年10月第1次開設(普通200床、伝染40床)
平成7年4月第2次開設(普通330床、精神30床、伝染40床)
平成8年4月第3次開設(普通430床、精神30床、伝染40床)
平成9年3月前室付特殊伝染病室を病棟内に整備し、高度安全病棟休止
平成10年7月創立100周年
平成11年2月病院機能評価による認定
平成11年4月第1種及び第2種感染症指定医療機関として指定
平成16年8月病院機能評価による認定更新
平成18年4月財団法人東京都保健医療公社に運営移管
平成19年10月電子カルテ導入
平成21年2月病院機能評価による認定更新(Ver.5)
平成21年10月地域医療支援病院承認