脳神経内科

メイン画像

診療科の特色

昨年度より、標榜を「神経内科」より「脳神経内科」と改訂しました。英語圏では、Neurology(脳神経内科)とPsychiatry(精神科)を間違える人はいないのですが、本邦では精神科と間違えられることが多いためです。当科では、頭蓋内、脊髄、末梢神経、筋の内科疾患を扱います。つまり、脳血管障害(とくに脳梗塞)、パーキンソン病、認知症、頭痛、めまい、脊髄炎・筋炎、末梢神経障害などです。現在、外来は常勤2名と非常勤2名、入院は常勤のみで診療しています。