婦人科 診療内容

診療内容

婦人科腫瘍に対する高度な手術、化学療法(抗がん剤治療)を軸に、初期病変から進行、再発がんまで、診断と治療を一貫して行います。

1.若年者の子宮頸部初期病変に対するCO₂レーザー蒸散術

2.子宮頸部初期病変の精査、治療

3.卵巣がん、子宮がんに対する高度な手術(広汎子宮全摘術、傍大動脈リンパ節廓清など)

4.良性腫瘍等に対する腹腔鏡下手術(腹腔鏡下子宮全摘術、付属器切除術)

5.子宮頸がん根治照射(多摩総合医療センター放射線科との連携による)

6.化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療、緩和医療(通院、入院、連携施設)

7.がん遺伝子パネル検査(多摩総合医療センターゲノム科との連携)

8.難治性腹水症に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART法)

専門医療

婦人科腫瘍(ページ作成中です)