腎センター(透析室)

腎センター(透析室)

腎センターは、単に腎不全の治療の場としてではなく、各科にまたがる境界領域の疾患や、急性期疾患の治療の場として位置づけられ、一定の役割を果たしてきました。加えて、近年は、腎センターにおいて、腎臓内科としての各種専門外来の充実を図っております。

診療内容

  • 新規血液透析導入
  • 急性腎不全に対する血液透析
  • 合併症治療で入院中の、維持血液透析実施中の患者様に対する血液透析
  • 各種血液浄化療法(血漿交換、血液吸着など)
  • 腎代替療法選択外来
  • 腹膜透析外来
  • シャント外来

当院では、外来での維持血液透析は基本的に行っておりません。
当院での透析導入を御希望の患者様を御紹介の際は、紹介状をお渡しの上、腎臓内科外来を受診させて下さい。又、維持透析中で、合併症の治療が必要な患者様を御紹介の際は、紹介状をお渡しの上、各診療科の外来を受診させて下さい。

特色

腎代替療法選択外来

腎代替療法として、血液透析、腹膜透析、腎移植があります。腎代替療法に関しては、患者様自身が、それぞれについて十分に説明を受け、理解と納得をしていただいた上で、治療法を選択していただく必要があります。腎代替療法選択外来では、1回につき1時間程度かけて十分に説明を行い、対話の上で、最適な治療法を、患者様と選択していきます。同外来の受診を希望される患者様を御紹介の際は、医療連携枠で予約していただき、患者様に紹介状をお渡しの上、受診させて下さい。

腹膜透析外来

当院では、腹膜透析も積極的に行っております。
腎代替療法選択外来開設後、腹膜透析を選択される患者様も多くなっています。(別図参照)。
腹膜透析導入後は、月1-2回程度、腹膜透析外来に通院していただき、状態を確認します。
又、必要時は、訪問看護ステーションとも連携をとり、治療を行っていきます。

シャント外来

シャント外来では、当院で血液透析を導入いたしました患者様の、シャント合併症に対応しております。
シャントPTA実施数は年々増加しております(別図参照)。
初回以外は、基本的に外来にてシャントPTAを行っておりますので、入院は不要となります。
シャント外来へ患者様を御紹介の際は、まず腎臓内科外来の医療連携枠を予約していただき、患者様に紹介状をお渡しの上、受診させて下さい。
 (但し、人工血管に関するシャント合併症の治療は、当院では行っておりません。)

平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度
PD患者数22310

平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度
PTA実施数38505888

腎センター

関連診療科・部門

2023年10月13日 最終更新