臨床研修サイト

臨床研修医募集

ジュニアレジデント(初期臨床研修医)とシニアレジデント(専攻医)の募集をしています。

見学希望の方は「病院見学へようこそ」をクリックして、見学申込フォームをご利用されるか、下記問い合わせ先までご連絡ください。 また、Webでの病院見学を希望される方は、下記メールアドレスにご連絡ください。

病院見学時の感染管理の徹底について

学生のみなさまにおいては、日ごろから感染管理に十分お気をつけいただいているとは思いますが、改めて、見学前2週間の不要不急の外出、夜間の飲食を伴う会食、感染リスクのある場所への訪問など自粛いただきますようお願いいたします。
また、病院見学にあたり以下について、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

  • 1 大学より見学の許可が出ていること
  • 2 病院入館時の手指消毒
  • 3 見学前の体温測定・症状チェック(見学当日に提出してください。) → チェック表はこちら(PDF 213.9KB)
  • 4 見学中の手指消毒とマスクの常時着用
  • 5 有症状時の速やかな報告
  • 6 少人数・短時間での対応
      (1)各診療科の受け入れは、最小限
      (2)見学時間は、2時間30分程度

問合せ先
〒206-0036 東京都多摩市中沢2-1-2
多摩南部地域病院 総務課総務グループ
TEL 042-338-5111 内線 2213
FAX 042-339-6111
e-mail tn_resident@tmhp.jp

新着情報

2024.3.1

東京都立病院機構のジュニアレジデント合同発表会が開催されました。14病院のジュニアレジデントが合同で発表を行い、当院のジュニアレジデントが優秀賞を獲得しました。

演題名:「高LDH血症を呈した切除不能肝転移を伴うRAS野生型左側大腸癌に対する一次治療レジメンの検討」

当院のジュニアレジデントからは昨年も入賞者が出ており、研修医のレベルの高さを示していると思います。おめでとうございます。

2024.1.20

第61回日本糖尿病学会関東甲信越地方会が開催されました。写真は会場となったパシフィコ横浜です。当院の初期臨床研修医(医師1年目)が症例報告を行いました。

演題名:「高血糖高浸透圧症候群の発症を契機に大腸癌の診断に至った超高齢者の1例」

質疑応答もこなせました。現地開催の学会が増え、現地での発表で貴重な経験を積みました。

学会看板

2023.12.8

総合診療科特別レクチャーが開催されました。今回は島根大学総合診療医療センター・米国ミシガン大学などで活躍されている和足孝之先生をお招きしました。

演題名:「勉強の仕方・成長の仕方 ハイパーもハイポもなんでも来い」

米国での経験も交えた興味深い講演でした。研修医多数が参加しました。

2023.12.8

2023年11月に開催された第85回日本臨床外科学会総会において、当院の初期研修医が発表を行ったのですが、これが「研修医Award優秀演題」に選出されました。
研修医Award優秀演題(研修医セッション18)(PDF 635.6KB)
全国から集まった演題の中で評価されたのは価値あることです。おめでとうございます!

2023.11.17

第85回日本臨床外科学会総会が開催されました。当院の初期研修医(医師2年目)が研修医セッションで発表を行いました。写真は会場となった岡山県医師会館(岡山市)です。


演題名:「高LDH血症を呈した切除不能肝転移を伴うRAS野生型左側大腸癌に対する一次治療レジメンの検討」

最近になり、Webではなく現地開催の学会が増えてきました。質疑応答含めて貴重な経験になりました。

2023.11.18

第691回日本内科学会関東地方会が開催されました。当院のシニアレジデント(医師4年目)が症例報告を行いました。

演題名「右足関節痛を初発症状として発症した感染性心内膜炎の1例」

Web発表でした。質疑応答もこなせました。

2023.11.6

当院のシニアレジデント(医師5年目)が、Internal Medicine誌に英語論文を投稿、採択となり本日掲載となりました。

論文名:「Occipital Artery Involvement in Giant Cell Artertis」

当院内科からはこれで4年連続で英語論文を発表していることとなります。忙しい中良く頑張りました。

2023.10.26

第75回多摩南部地域病院臨床病理検討会(CPC)が開催されました。

症例:「直腸癌に対する化学療法導入後早期に死亡に至った1例」

初期研修医が経過をまとめて発表しました。討議も活発に行われました。

2023.10.20

当院は内科専攻医プログラムの基幹施設でありますが、当院の募集枠に10月20日現在、1名の空きがあります。
当院の研修は中規模病院ならではの幅の広い研修、都立病院群を中心とした連携先の広さ、各診療科のレベルの高さが特徴となっています。現時点で初期研修医2年目で内科の専攻医を希望される方がいらっしゃいましたら、応募をお待ちしております。

2023.10.13

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の名誉教授、ローレンス・ティアニー(Lawrence M.Tierney Jr.)先生による症例カンファレンスが当院で開催されました。
当院の1年目の初期研修医が症例を英語でプレゼンテーションし、ティアニー先生がコメントする形で進められました。ティアニー先生は総合診療のパイオニアとも呼べる方で、多数の著書も出版されています。外部からのカンファレンス参加者もおり、盛況でした。

ティアニー先生1
ティアニー先生2

バックナンバー

令和5年度 上半期

令和4年度 下半期

令和4年度 上半期

令和3年度 下半期

令和3年度 上半期

令和2年度下半期

令和2年度上半期

令和元年度下半期

令和元年度上半期

平成30年度 下半期

平成30年度 上半期

平成29年度 下半期

平成29年度 上半期

平成28年度 下半期

平成28年度 上半期

平成27年度 下半期