東京都立多摩北部医療センター職員の新型コロナウイルス感染について

 多摩北部医療センターにおいて、小児科の医師4名の新型コロナウイルス感染が判明しましたので、御報告いたします。
 患者さんと御家族及び関係者の皆様には、御心配と御迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

1 概要(詳細は別紙のとおり)

 職員(小児科医師) 4名
 ※上記職員の感染の関連性は、現時点では不明である。

 【別紙】
  陽性が判明した職員の概要(PDF 32.2KB)

2 病院の対応について

 ・「陽性」が判明した職員は、既に自宅療養としている。
 ・「陽性」が判明した職員の濃厚接触者の対応
 患者:入院患者は個室管理とし、外来患者等は健康観察を行う。
 職員:自宅待機とし、診療上の必要がある場合は、検査で陰性を確認の上、勤務を再開している。
 ※引き続き、患者及び職員の健康観察を行い発熱等の症状がみられる場合には、直ちにPCR検査を実施する。

3 今後の診療体制について

 ・小児救急の受入れについては、当面の間、かかりつけ医からの依頼等を除き、原則休止とし、小児科の予定入院については延期する。なお、外来診療は継続する。
  院内の体制が整い次第、できるだけ早期の受入再開に向けて努めてまいります。
 ・小児科以外の入院診療及び外来診療については、救急患者の受入れ及び新型コロナウイルス感染症患者の受入れを含め、通常診療をこれまでどおり継続する。

4 その他

 東京都立多摩北部医療センターの概要(PDF 162.4KB)

 

≪問合せ先≫               
多摩北部医療センター事務局総務課    
電話 042-396-3811

地方独立行政法人東京都立病院機構法人本部
戦略推進室戦略推進課     
電話 03-5320-5820
事業推進部事業推進課     
電話 03-5320-5835

 

【プレス資料】
 東京都立多摩北部医療センター職員の新型コロナウイルス感染について(PDF 398.1KB)