呼吸器内科

呼吸器内科

肺がん、悪性胸膜中皮腫、胸腺腫瘍などの胸部悪性疾患および、様々な呼吸器疾患の診断治療を行っております。肺がんは治りにくい病気の一つで早期発見が重要になります。2次健診や精密検査なども行っており、受診の際にはなるべく紹介状の持参をお願いしております。また紹介医への逆紹介も積極的に行っております。気軽にかかりやすい地域に密着した医療を行っていきます。

特色

対象疾患

  • 肺がん:肺がんの診断、治療について、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線治療科のがん治療に精通した専門医による合同のキャンサーボード(がん症例検討会)を行っており、病期や病状に即した適切な治療を選択し、外科的手術、放射線治療、化学療法などの集学的治療を行います。またがんと診断されたときから、からだや心のつらさのサポートを行う緩和ケアチームの積極的な介入を行っております。
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、間質性肺炎、肺結核(結核入院治療が必要な場合は他院に紹介)、非結核性抗酸菌症、慢性呼吸不全などの呼吸器疾患を中心に呼吸器専門医が診療に当たっております。 また在宅酸素療法の導入なども行っております。

検査

日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医が、気管支内視鏡、超音波内視鏡検査を用いて様々な病気の診断治療を行っております。 気管支喘息やCOPDが疑われる患者さんにはスパイロメトリーなどの呼吸機能検査を行っております。

専門外来